スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKG K702

AKG K702をゲットしました。
某アニメの影響で一時期やたら大人気となった開放型ヘッドホンK701の姉妹機です。

K702_01.jpg

K702_02.jpg

K702_03.jpg

K701とK702の違いですが、
・色が、K701はホワイト、K702はネイビーブルー
・K701は専用のスタンド付き
・K702はケーブルが着脱式
といったところです。

一応K701がホームユース、K702がプロフェッショナルユースということになっているらしいですが、両方とも持っている方のレビューでは「違いは個体差程度でほぼ同じ」とのことです。

音質は繊細できれいな音が鳴り、評判どおりクラシックを聴くのにいい感じではないかと思います。


で、開放型ヘッドホンが3台になりましたので、ちょいと聴き比べをしてみました。
いくつかの曲を聴いてみましたが、私の感想は以下の通り。

[辻井伸行 - ロックフェラーの天使の羽 (ピアノ)]
K702 > HD600 >>> ATH-AD1000

K702が最も好みです。高音よりでピアノの音が非常に繊細に鳴ってくれる思います。
HD600は少し低音よりで重厚な感じでしょうか。
ATH-AD1000ではちょっと高音がキンキンして引きつったような感じがします。


[PAUL POTTS - NESSUN DORMA (声楽・テノール)]
HD600 > K702 >> ATH-AD1000

HD600が力強い男声の魅力を最も感じます。心地よい響きです。
K702はきれいに響きますが、力強さに欠ける感じですかね。
ATH-AD1000で聞くと高音はクリアなのですが、ちょっと迫力に乏しい感じです。


[Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS - Heart To Heart (ゲームサウンド・アコースティックアレンジ)]
HD600 = K702 > ATH-AD1000

K702は高音よりの綺麗系、HD600は低音よりの柔らかい響きで甲乙つけがたいです。
HD600のほうが弦楽器の鳴り方が好みかもしれません。
ATH-AD1000も透明感があってかなりいいと思うのですが、ちょっと淡白な感じでしょうか。


[麻枝准&riya - 蒼の夢 (アルバム「Love Song」より。打ち込み系+ヴォーカル)]
ATH-AD1000 >>> HD600 > K702

これはATH-AD1000がいいです。打ち込み系の乾いた高音がクリアに響きます。
HD600、K702はこういった曲に関してはお上品に鳴りすぎると思います。
まぁHD600のほうが低音の迫力が強くていいですかね。


今回聴き比べたのはこんな感じです。
また、いろいろ聞き比べてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。