スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BELDEN PS1650

電源タップを新調しました。
いままで使っていたもののコードがむき出しになりショート寸前だったのです。

せっかくなのでオーディオ用の電源タップ「BELDEN PS1650」を購入してみました。

BELDEN_PS1650.jpg

あらかじめ得た情報によると電源タップや電源ケーブルを変更するだけでも音質が良くなることがある模様。
あまり音に関係なさそうな電源でなぜ音質が変わるのかは分かりませんが、オーディオマニアの方々の記事をみるとそういうことのようでした。

音質はともかく一般のものより高価なだけあって頑丈そうです。
足元に配置している関係から、よく電源タップを蹴りとばしてしまうのですが、これならなかなか壊れなさそうです。

そして、早速接続。
すごい音の明瞭感がアップした気がするのですが。
もちろんプラシーボ効果が強く作用しているのでしょうけど。

と、思ってちょっとネットを調べてみたら、電源の挿し方には極性というものがあって(どちらの足を、どちらの穴に挿入するか)、それ如何によっても音質が変わるとのこと。
それを見て、早速プラグの挿す方向を変えてみたのですが、確かに音が変わって聞こえます。
一方はちょっと不明瞭な感じに、他方はクリアで広がりがあるように聞こえます。
これもプラシーボ効果なのかもしれませんが、私はどのように挿入をすれば音質が良くなるのか事前に知らない(なので、今のつなぎ方が一般的には悪いといわれるつなぎ方の可能性もあります。ちなみに極性の調査には特殊なツールが必要のようです)ため、単純に「やはりこのつなぎ方だと違うなぁ」といった思い込みだけではないように思います。


音質はアップしたと感じるものの、結局この電源タップに変更した効果なのか、極性の問題によるものなのかは分かりませんね。
元の壊れかけのタップに戻してみればいいのでしょうけど、ショート寸前のタップを再度使いたくはないですし、何より面倒です・・・。

まぁ、プラグを突き刺すところがこれまでの3箇所から6箇所に増えたので、それだけでもいいや。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。