スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビール爆烈飲み

昨日ですが、東京・両国の麦酒倶楽部ポパイにいってきました。

最初にいただいたのは、鬼伝説・金鬼ペールエール。
北海道・登別の地ビールです。

鬼伝説_金鬼ペールエール

甘味が抑え目で酸味を中心とした旨味のあるペールエールと感じました。
初めて飲んだ銘柄ですが、なかなかおいしいと思います。


お次は栃木のプレストンビールのババカンビール。凄い重厚なビールです。

プレストン_ババカンビール

馬場完二さんという方が造ったらしい。おそろしく濃厚な味わいで、甘味・苦味が際立っています。
ビールのスタイルとしては、ダブルIPA(インペリアルIPA)でしょうか。
これはうまいですね。アルコール度数も高く、ガンガン飲んでると速攻へべれけになること請け合いですが。


さらにNogne φ IPAを注文。これは全く知らなかった銘柄なのですが、あとから調べるとノルウェーの銘柄らしいです。

Nogne_IPA.jpg

甘味・酸味を中心とした旨味が非常に強く、初めて飲むタイプのIPAです。強いて言えばちょっと前に飲んだBALLAST POINT BIG EYE IPAみたいな感じでしょうか。


次はちょっとおとなしめのビールを。
エチゴビールのライスエールです。

エチゴビール_ライスエール

これはすごくバイツェン的な感じを受けました。甘めの香りで苦味は全く感じません。
米由来であろう甘い香りが漂っています。面白いビールですね。


そして最後は那須高原ビール・ナインテールドフォックス。
栃木の民話に登場する、9本の尾を持つ狐の妖怪「白面金毛九尾の狐」をモチーフとしたビールです。

那須高原ビール_ナインテールドフォックス

栃木県の那須高原ビールが造るバーレイワインなのですが、これは20年以上の熟成に耐えうる(らしい)ビールで、500mlのボトルで3,600円もする高級ビールです。(ボトルで購入すると木箱に入っています)
ブルワリーでもヴィンテージの管理をしており、1年経つごとに500円上乗せされるようです。

味は非常にマイルド。アルコール度数11ですが、アルコールの突き刺さるような感じは全く感じません。
最初にやや暗い花のような香りを感じ、口に含むと柔らかい甘味。
最後に鼻から息を抜くと素晴らしい麦の香り。これはモルト(麦芽)を直接口に含んだときの感覚に通じると思います。

これは素晴らしいです。高級ですが一度は飲む価値ありだと思います。
麦酒倶楽部ポパイでは、50mlという少ない量ではありますが、1杯500円で味わうことができます。
訪れた際は、是非飲んでみてください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。