スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東林のカレーチャーハン、その他いろいろ

本日は会社の都合により、強制無給休暇でした。
休日が増えるのはいいですが、「無給」ですので当然賃金カットです。orz
で、昼間っからとても暇なので横浜中華街にある東林という北京料理店にいってきました。
ここのカレーチャーハンがとても好きでたまに食べに行っているのです。

東林_カレーチャーハン

カレーチャーハンとかいうと、なんか洋食のドライカレーみたいに思うかもしれませんが、ちゃんと基本は中華料理のチャーハンの味で、そこにカレースパイスのスパイシーな香りと辛味がプラスされている感じです。
具は焼豚、玉子、ねぎとシンプルな作りで素朴な味がとてもいいと思います。
そういえば東林ではカレーチャーハンしか食べたことがないので、今度他のも注文してみないと。
でも、最終的にはカレーチャーハンを頼んでしまうんですよね・・・。


さて、カレーチャーハンも食べ終わったことだし、そろそろ電車で帰ろうと思ったのですが―――
「たまには歩いて横浜駅まで帰ろうかな」

ということで、近くにJR石川町駅があるにも関わらず、運動もかねて徒歩で横浜駅を目指すことにしました。

東林を後にしてまずは、関帝廟通りを突き進みます。

関帝廟01

関帝廟02

関帝廟03

なんとなく中国っぽいド派手な建造物です。
関帝廟は三国志の時代に生きた「関羽雲長」という武将を祀っている建物らしいです。
私は歴史とかには全く興味ないですので、詳しく知りませんけど。


関帝廟通りを抜けて少し歩くと、たまに日本酒・焼酎を買いに訪れる「一石屋酒店」が見えてきます。

一石屋酒店

せっかく近くに来たことですし、とりあえず入店。
久しぶりに鹿児島県・甑島の塩田酒造さんが造る芋焼酎「六代目百合」を購入しときました。
こちらの紹介はいずれまた。


一石屋酒店さんをでて、次は山下公園を目指します。と、その前にスターホテル横浜内のレストラン「プラネット」へちょっとお邪魔しました。
というのも、ここでは珍しい青色のビール「サムシングブルー」を飲むことができるのです。本日もこれが目当て。

世嬉の一酒造_サムシングブルー

天然色素で着色しており、ブルーというより、暗いエメラルドグリーンのように見えます。
造っているのは「いわて蔵ビール」醸造元の岩手・世嬉の一酒造さん。
実はこのビール、結婚式・披露宴用として発注されたときのみに生産する特注品のはずなのですが、どういうわけかプラネットには常時置いてあるのです。(謎だ・・・)
スタイルは、オレンジ果汁、コリアンダー、ナツメグを加えたフルーツ・スパイスエールになります。
味は、個人的感想としては「世嬉の一酒造さんの製品にしてはちょっと残念な味」かな。
少し変な酸味と苦味が出ていて、それほど好きではない感じ。残り香が「いわて蔵ビール」を彷彿とさせはするのですが、なんかちょっと違う・・・。
でも、「世嬉の一酒造さんの水準としては」というだけで、普通に飲める味ではあります。
実際、私も希少性に後を押されて何度か飲んでますしね。

ちなみにこのプラネットの上(2階)には、サザンオールスターズの歌「Love Affair ~秘密のデート~」の歌詞にもでてくるブルーライトバーがあります。こちらでもサムシングブルーが飲めるようです。


プラネットを出ると目の前は山下公園。遊覧船の乗り場が見えます。

マリーンルージュ

ここにも、サザン「Love Affair」に登場する「マリーンルージュ」が。
横浜に来るまで歌詞「マリンルージュで愛されて」の意味が分からなかったのですが、遊覧船の名前でした。恋人同士が遊覧船でクルーズしている情景だったのですね。
(あと、「シーガーディアンで酔わされて」もよく分からなかったのですが、「シーガーディアン」とはバーの店名でした。こちらも山下公園付近にあるホテル・ニューグランド内にあります。そごう横浜店の中にも系列店があるみたいです)

そしてとなりには日本郵船氷川丸が。

氷川丸

日本郵船歴史博物館にくっついているもので、200円で中に入ることができるようです。


さて、ここから赤レンガ倉庫を目指します。横浜の有名な観光地ですね。
この辺からは「ベイブリッジ」や「大さん橋」を見ることができます。

ベイブリッジ

大さん橋

大さん橋には巨大な客船が停泊しています。なんかいつもあそこにいるような気がするのですが。動いてるのだろうか・・・。
ちなみに大さん橋にあるホールでは、毎年「横浜焼酎委員会」や「ジャパンビアフェスティバル」といったノンベエ御用達のイベントが開かれています。


そうこうしているうちに、赤レンガ倉庫に到着です。

赤レンガ倉庫01

赤レンガ倉庫02

一見ただの古ぼけた煉瓦小屋に見えますが、中にはフードコーナーを中心にしたショップがたくさん入っています。
ちなみに、10月には赤レンガ倉庫前で「オクトーバーフェスト」が開催されます。オクトーバーフェストとはもともとドイツ・ミュンヘンで開かれる世界最大の祭で、大量のビールが消費されます。
これにあやかったイベントがここでも開催され、実際にドイツのビールや料理が提供されます。今年も楽しみです!

いつも親子連れやカップルの姿が絶えないのですが、最近は横浜開港150周年の記念イベントで特に人が多い気がします。あと、時期的なものなのか修学旅行生と思われる学生の姿も多く見られました。

開国博+150
↑開国博Y+150の看板。近くに特設の横浜土産コーナーがありました。


ここからさらにショッピングセンター「ワールドポーターズ」前を経由して桜木町を目指します。

ワールドポーターズ

ワールドポーターズの入り口上部にも、ちゃっかりと開港150周年記念イメージキャラクターの「たねまる」が。
ちなみに『ボクは横浜開港資料館の中庭にある「タマクスの木」の精』だそうです。なんだそりゃ。


そのまま、ワールドポーターズを横目に進んでいくと、世界最大の時計機能つき観覧車らしい「コスモクロック」が見えてきます。

コスモクロック

昼間は割と地味ですが、夜になると一変。エコロジーをいう単語をあざ笑うかのように派手なネオンが光ります。ちなみにゴンドラのところがちょっと光るレベルではなく、"車輪"全体がこれでもかというほど光りまくります。


さらに桜木町を目指してひたすら歩きます。と、巨大な建造物「ランドマークタワー」が。

ランドマークタワー


これを左に見ながら、目の前の階段を上りさらに直進すると、次に見えてくるのは横浜美術館。

横浜美術館

今は金氏撤平という方の個展が、「溶け出す都市、空白の森」と題され開催されているようです。
今度見に行ってみようかな。


そのまま突き進んでいくと、横浜ジャックモールが。その中をさらに直進。すると横浜BLITZ(ライブハウス)とベイサイド迎賓館(結婚式場)が見えてきます。

横浜BLITZ

ベイサイド迎賓館

これらの間と抜けて、ちょっと進むとみなとみらい線・新高島駅が見えてきます。
ここまでくれば、横浜駅はあと一息。5,6分歩くと横浜駅東口の地下街・ポルタに到着です。


寄り道したり、写真を撮りながらノロノロきたので、90分以上掛かりました。
そして疲れた・・・。中途半端に暑かったですし。

というわけで、本日の横浜市・中区散策は終了となりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。