スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FiiO E3

昨日になりますが、FiiO E3を買ってきました。
世界最小(たぶん)のポータブルヘッドホンアンプです。

FiiO_E3_パッケージ

FiiO_E3_本体


値段も1,600円ほどでおそらくヘッドホンアンプとしては最安と思います。
電源は単四形の乾電池1本です。これで20時間動作する模様。
ということで、乾電池も購入。使い捨てだとゴミになるので、充電式のeneloop(単四形)にしときました。

eneloop.jpg

充電器付きで1,900円ほどです。1,000回も充電できますし、今後のことを考えると使い捨てよりかなり安いと思います。
と、家に帰って気がついたのですが、すでにeneloopの充電器は持っていた!
ニンテンドーWiiのリモコン用に購入したのを忘れていました。(Wiiはすでに使用していないので、充電も全くしてない)
同じ充電器が2つもある・・・。無駄なものを買ってしまいました・・・。


で、早速接続。DAP(ZEN MOZAIC) → FiiO E3 → ATH-CK10です。

FiiO_E3_接続

なんか、アンプだけ白色で違和感がありますね。パッケージの絵は黒なのに、中身は白か・・・。
まぁ機能を果たしてくれれば、色なんてどうでもいいですが。
FiiO E3には電源スイッチもボリューム調整つまみもありません。電源はヘッドホンを端子につなぐと自動的に入るようになっています。ボリュームは固定なのでDAP側での調整になります。
まぁ、この辺は安いので仕方ないですね。

接続した後、音を聞いてみましたが低音を中心に全体がパワフルに聞こえます。音圧が上がったというやつでしょうか。音の質的には良くなったとは思えませんでした。(逆に悪くなったとも感じませんでしたが)
一旦これを経由して聞いた後でZEN MOZAICに直挿しで聞くとすごく弱弱しく聞こえます。

次に、参考までに以下の構成も試してみました。

PC(Frieve Audio再生、できるだけ高音質設定、Core i7 920のコアの1つを常時50~70%占有する程度) → Prodigy Cube(演算増幅器をLME49720に換装) → FiiO E3 → ATH-AD1000(*)

結果は音量は上昇するものの、音が不鮮明になるだけでさすがいいとは思えませんでした。(当然と言えば当然ですが)

結論からいえば、FiiO E3はDAPなど比較的貧弱な音しか出せないプレーヤーに接続して使う分にはかなりの力を発揮すると思います。低価格帯のDAPや携帯ゲーム機(PSP, NDS等)を使用している方で「音が物足りないなぁ」と感じている方は是非お試しください。(高級DAPに接続してよくなるかはわかりませんが。今度ヨドバシカメラの試聴コーナーにあるSONYとKENWOODの高級機で試してみようかな)


(*)そういやここで紹介してませんでしたが、ちょっと前に購入した開放型のヘッドホンで、ATH-AD300の(かなり上の)上級機です。定価が42,000円で実売20,000~35,000円です。(私は中古15,800円で購入)
音がはっきりと澄んで聞こえ、音が外側へ広がっていくような感覚があり、最近PCではこればかり使用しています。ちなみにAD300はテレビのヘッドホン端子用にしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。