スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビール代替品飲み比べ

普段は絶対飲まないビール代替品(発泡酒(*1)とか第3のビールとか言われているものです)の飲み比べしてみようと思って3本購入してきました。
なぜそんなことをしようと思ったたかというと、「最近の発泡酒はレベルが高くなった」というのを小耳に挟んだことと、飲みもせずに「あれはマズイ」というのもなんだなぁと思ったからです。

で、本日購入した銘柄は以下のとおり。
・麒麟麦酒 ストロングセブン (リキュール類)
・サッポロビール 麦とホップ (リキュール類)
・アサヒビール アクアブルー (発泡酒)

発泡酒01

では早速、アルコール度数7%とちょっとハイアルコール気味のストロングセブンからいただいてみますかと、飲んでみたところ―――

!!!!!!!!!!?

なんでしょう、この気持ち悪い人工的な甘さは。
ハイアルコールビールは甘みを帯びる傾向にありますが、これはそんなレベルのものではないです。
あからさまに糖類を添加して出したとしか思えない甘さ・・・。しかも、人工的な気味の悪い果実香まで感じられます。
「マズイ! もう一杯・・・は要らん・・・」
ちょっと飲むのもつらい味でした。
まぁこんなこともあろうかと準備しておいたものがあるのですよ。その名も「レモンを搾った三ツ矢サイダー」!!

発泡酒02

これで割って、なんちゃってパナシェ(*2)にしてなんとか完飲。

採点:☆☆☆☆☆ (0/5)



では、気を取り直して次のものを。次は2つ同時にテイスティング。ジャパンビアフェスティバルに参加したときにいただいたビアテイスターグラスに注ぎます。

発泡酒03

まずはアクアブルーから。

う、薄い・・・

まるで、ビールを炭酸水で割ったような薄さ。もう味も香りも何も感じることができません。まぁ変な酸味は感じますけど・・・。
ただ、逆に言うと水代わりにガブガブ飲めるということでしょうか。(だから「アクア」なのか??)
焼肉とか味の濃い料理となら相性はいいかもしれません。
個人的には美味しいとも思えませんでしたが、ストロングセブンのように気持ち悪さは感じませんでしたので以下の評価。

採点:★★☆☆☆ (2/5)



そして、最後は「麦とホップ」。
結論から言うと、今回の中ではこれが最も美味しく感じました。
ビール代替品共通の人工的な甘さは感じられるものの、名前のとおり麦やホップの香りが最も感じられました。味もそこそこ強く、アフターにホップの苦味が結構きます。
これについては、また購入してもいいかなと思えましたので、以下の評価。

採点:★★★★☆ (4/5)



で、結論ですが、やはりビール代替品はビールを超えることはできないという印象でした。
麦とホップについてはそこそこいいんではないかと思いましたが、それは今回購入したビール代替品の中ではということ。
確かに値段は140~170円と安いのかもしれませんが、ビールだって大手メーカー製の缶ビールであれば250円くらいで買えますので、私ならビールを選びます。
「何もそこまでケチらなくても・・・」というのが私の感想です。



(*1)ちなみに「ビール」として造られた高品質製品であっても、日本の酒税法で定義されていない材料(たとえばフルーツなど)を使用すると、表記上は発泡酒になる。

(*2)パナシェとはビールを透明なレモンソーダで割ったカクテル。グレープフルーツジュースで割って提供するバーもある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。