スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIRVANA SPICE CAFE

昨日に引き続き、本日もカレー屋さんにいってきました。
たまにやっているB級グルメ食べ歩きシリーズ、カレー編です。

本日行ってきたのは横浜駅構内・ルミネ6FにあるNIRVANA SPICE CAFEです。
2002年までニューヨークで多くの著名人の舌を唸らしてきた伝説級のインド料理店にNIRVANAというのがあるのですが、なぜか東京ミッドタウンの中に最近復活開店しており、NIRVANA SPICE CAFEはそこの姉妹店になります。
そんな著名な料理店ならすごい値段なんだろうなと思いきや、900~1,500円程度でこの辺の相場でいえばファミレスレベルですので、早速行くことにしたのです。(東京ミッドタウンのほうは、高級志向のブルジョワ向けと思いますけど)

で、注文したのがこれ。↓
NIRVANA_BIRYANI.jpg

チキンビリアニセット(1,100円)です。ビリアニというのはインド風の炊き込みご飯。すごいスパイシーなのが特徴です。
ここのビリアニセットには、写真のようにビリアニそのもののほか、豆のカレー、ライタ(野菜入りヨーグルト)、パパドゥ(豆の粉で作った煎餅のようなもの)が付いています。
食べてみると、すごく複雑な味わい。多分たくさんのスパイスを使っているのでしょう。インドのものと思われる縦長のライスもさらさらで水分が少なくスパイシーな味付けにマッチしていると思います。
柔らかなスパイスの辛味もあり、これをライタのまろやかな味わいで打ち消すことでバランスが保てると思います。豆のカレーも上品な味わい。唐辛子が丸ごと入っていますが、それほど辛さは感じませんでした。

いつもろくなものを食べていない私にはとてもおいしく感じられ、1,100円とは思えないほどの満足感を得ました。ちょっと「B級グルメ」の範疇から逸脱している気もしますけど。


あと、NIRVANA SPICE CAFEですが、カジュアルといいながら結構お洒落な感じで、客層もほとんど女性でした。たまに見る男性はカップル連れくらいです。オッサンが一人で入るのは結構つらいかもしれません。
まぁ、私は半袖TシャツとGパンの汚らしい格好で何の躊躇もなく入店しましたがね。(幸い入店拒否はされませんでしたよ)



カレー屋さんを出た後は、定例のクラフトビアバーに行きました。
本日飲んだのは、「無礼講時間ストロングゴールデンエール」。

無礼講時間ストロングゴールデンエール

静岡・ベアードビールさんの限定醸造(樽のみ)、ハイアルコールのゴールデンエールです。相変わらず、複雑でフルーティなテイスト。甘めの味わいの後に訪れるほんのりとした苦味がいいですね。香りは紅茶もの渋さや桃のようなフルーティさを感じました。やっぱりうまいです!

ベアードビールさんの最近の限定醸造ビールには「お寺の庭ゆずエール」、「媚薬(ラブポーション)エール」があるとのこと。
ゆずは去年飲んで感動したフルーツエール。まさに「和」のビールという感じでした。ラブポーションはお初ですね。アヤシイ名前ですが、ベアードビールさんの関係者がご結婚されたとのことで、その記念に醸造したビールっぽいです。こちらはタップルーム(ベアードビール直営のビアパブ。静岡・沼津に1号店、東京・中目黒に2号店がある)のみの限定販売のようですので、早速中目黒に行かなければ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。