スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の地ビール vs アメリカの地ビール

金欠にも関わらず、クラフトビアバーさんに行ってしまいました。
それというのも、クラフトビアバーさんのブログで新入荷ビールを見かけてしまったから。

博石館ビール・日の丸ランビックと、いわて蔵ビール・ウイスキー樽熟成レッドエールです。

博石館ビール・日の丸ランビック
↑博石館ビール・日の丸ランビック

いわて蔵ビール・ウイスキー樽熟成レッドエール
↑いわて蔵ビール・ウイスキー樽熟成レッドエール


日の丸ランビックは見てのとおり淡色系のビール。ランビックは空気中に漂う野生酵母で自然発酵させるもので、ベルギー・ブリュッセルで造られているスタイルです。
このスタイルは非常に酸味が強く、さくらんぼや野いちごのフレーバーや甘みを加えたものも造られています。(Belle Vueなどが有名)

で、この日の丸ランビックはというと、クラフトビアバーのマスターによれば、干し柿から採取した酵母で仕込んだものとのこと。一般的なランビックと比較してかなり酸味が穏やかで、後味の渋味・苦味が印象的でした。

そして、いわて蔵ビールのウイスキー樽熟成レッドエールですが、かなり面白い味。リアルエールということも手伝ってか、甘みとコクが控えめに広がるような全体的に穏やかな味わいで、悪く言えば弱い感じ。しかし、ウイスキー樽由来と思われる甘く豊かな熟成香がほんのり香ってかなり特殊な香味だと感じました。
繊細でやさしいウイスキー香から、「これジャパニーズウイスキーですか?」とカマをかけてみたら、「そうです。ニッカの樽みたいですよ」と返ってきました。おお、ニッカですか。余市? 宮城峡? どれなんでしょう? 残念ながらそこまで詳しくは聞けませんでした。

最後にベアレン・クラシック(エクスポートラガー)をいただいてお会計。ベアレン・クラシックはやはり安定してうまい! 個人的には淡色ラガー最強だと思ってます。



で、これで帰宅するはずが・・・。
スラッシュゾーンのマスターの「来週からアメリカンビールがたくさんでますよ」の言葉を思い出し、足はスラッシュゾーンへ。

そして、またまたアメリカンビールを2杯飲んでしまいました。

BEAR_REPUBLIC_APEX_IPA.jpg
↑BEAR REPUBLIC APEX IPA

BALLAST_POINT_BIG_EYE_IPA.jpg
↑BALLAST POINT BIG EYE IPA


BEAR REPUBLIC APEX IPAは、グラスに「RACER 5」とありますが、中身は「APEX IPA」です。本日、RACER 5も入荷してましたが、今回はお初のAPEX IPAにしてみました。
このIPAは全体的に濁りのないクリアな感じを受けました。バランスの良い甘み・苦味、フルーティな香りですが、アルコール度数は結構強く感じました。聞くのを忘れましたが、体感的には8~9度くらいに感じました。

BALLAST POINT BIG EYE IPAは、これまで飲んだアメリカンIPAとはちょっと違う感じ。とにかく「うま味」が強く主張する味わいだと感じました。甘みと酸味が強く感じられ、苦味は比較的に弱めに感じられました。ただ単純に苦味が弱いというわけではなく、うま味が苦味を凌駕している感じでしょうか。なかなか面白いIPAではないでしょうか。

スラッシュゾーンさんには、BALLAST POINTの「VICTORY AT SEA COFFEE VANILLA IMPERIAL PORTER」のボトルも入荷していて、「これはスゴイですよ」とのこと。名前のとおりコーヒーやバニラの香りが含まれるポーター(黒色ビールの一つ)のようで、次回飲むのが楽しみです。まだ10本在庫がありますとのことでしたが、「まだ」というより近いうちにのみに行かないと売り切れそうですね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。