スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SE210

またまた、ヘッドホン(イヤホン)を衝動買いしてしまいました。

SE210.jpg

アメリカ・SHURE社のSE210です。
値段は実売15,000~20,000円で高級機のエントリー~ミドルクラスに入ると思いますが、これが東京・中野ブロードウェイ内にあるオーディオショップ・フジヤエービックで中古品が9,800円で売り出されていたのです。
ヘッドホン(イヤホン)は直接体に密着させるものですので中古品は嫌という方が結構いらっしゃると思いますが、私はそんなのはぜんぜん気にしませんので、中古だろうがなんだろうが安ければ安いほどいいのです。

というわけで、即購入してしまいました。以前からSHURE社のSEシリーズは欲しいと思っていたのです。
なぜかというとこのSEシリーズ、恐ろしい程遮音性が高いと聞いていたからです。私は電車でもずっと携帯MP3プレーヤー(Creative社のZEN Mozaicを愛用。7,000円ほどで売られている4GBタイプのもので、ヘッドホンと比較して貧弱な機種ですが、外ではとりあえず気軽に聞ければいいと思ってるので、これで十分です)で音楽を聴いているので、とりあえず遮音性が高い(かつ音質もそこそこ良い)ものを欲していました。

買ってみて大正解でした。このヘッドホン、イヤーチップ(上記写真で先端についている銃弾みたいなもの)が耳栓みたいな材質ができていて、装着するときはこれを指で潰してから細くして耳に挿入します。いったん潰すと10秒ほどつぶれたままになって、耳の中で元の大きさに戻り、耳栓がわりになるという寸法です。
この状態で音楽を再生すると外音はほとんど聞こえません。これを装着して歩いていると自動車とかに気がつかずに轢かれてしまうのではないかと思うほどです(笑)
小さめの音でも外音は気にならないですので、爆音による難聴対策にもなると思います。

遮音性が高いだけでなく、音質ももちろん高いです。(まぁ、2万もするヘッドホンで音質が悪いとブチ切れますけど)
音色は暖かい感じを受けます。ボーカル部分とかが若干こもったような感じに聞こえますが、高音はよくでていると思います。低音はちょっと苦手な感じでしょうか。
愛用しているATH-CK7も同じく高音が強くて低音が弱いと感じているのですが、ATH-CK7のほうが冷たく硬い感じがして、色で言うと「青」「銀」、SE210は「赤」「金」という印象を受けました。

あ、それとSE210は低ビットレートのmp3音源とかはアウトです。「音質が悪い」ところも忠実に再現してくれます。
私は購入後すぐに、手持ちのZEN Mozaicに収められている128kbpsの音源を再生してみたのですが、正直「あれ? もしかしてこのヘッドホン地雷か??」と思ってしまいました。が、悪いのはヘッドホンではなく、音源のほう。自宅に帰ってCDから直接再生(WindowsPC → Prodigy Cube → SE210)したら、全然高音質でした。
ちなみにPC上のメディアプレーヤーは音質がいいと言われているFrieve Audioを使っています。余剰CPUパワーをフルに使って高音質にするというものですが、最近のCore2 Duo, Core 2 Quad, Core i7といった高速CPUなら気にするほどではないです。


ところで、SE210の前に購入したK518LEですが・・・。
とりあえず、側圧が強すぎて今のところ使い物にならないです。耳が痛すぎ。
で、常時逆側に圧力をかけ続けて側圧を減らそうとしています。

K518LE_2.jpg

頭の幅と同じくらいのPS3の空箱を挟み込まして放置しています。
日に日にやや側圧が減少してきた感があります。が、まだまだですね。
ちなみに音質的には低音が強いことが分かりました。「サナ/Sanative」というアルバムに入っているmore deep(ビートマニアというゲームの曲)という低音強めの曲を再生してみると、低音部の響きがすごいかっこよかったです。早く側圧が実用レベルまで減少してくれることを期待しています。


で、すでに次の購入予定ヘッドホンが決まっています。「え、まだ買うのかよ」と思われるかもしれませんが、次のは金欠の私の懐にも優しいのです。

・ダイソー 525円 イヤホン
・ダイソー 945円 セミオープンタイプ ヘッドホン

名前のとおり、ダイソーで販売されている525円と945円の格安ヘッドホン(イヤホン)です。
すでにそれなりのヘッドホンを所有しているのに、上記のようなショボい(失礼)ものを購入するのかというと、これらのヘッドホン、ネット上で(値段と比較して)すごい高音質という噂なのです。
525円のは1,000~2,000円レベル、945円のは3,000円程度の他社製品を買うのならこちらのほうが良いとか言われています。で、本当にそれほどのものなのか購入して確認してみたいと思った次第です。

あと、その音質を得るには「エージング」必須ともありました。
以前の記事で「本当にエージングなんてあるのか」といいましたが、上記2製品は実験するのに最適です。(高級品に適用して壊れでもしたら泣きがはいりますので・・・)
エージング用と言われているピンクノイズの音源(テレビの砂嵐のようなザーという音)もPSPにインストール済みです。あとはヘッドホンを購入してきてPSPに接続し、音源を再生しっぱなしで1~2日放置するだけです。
結果はまたここで報告する予定です。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

audio-technica ダイナミックインナーイヤーヘッドホン ATH-CK7

audio-technica ダイナミックインナーイヤーヘッドホン ATH-CK7

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。