スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさの恵比寿AFURI → 恵比寿横丁・肉寿司

今日は、この前の金曜日の朝のニュースで紹介されていた東京・恵比寿の「肉寿司」に行ってきました。
ここは名前の通り、肉(牛・馬)を使った寿司屋さんで、一般的な魚介類は一切置いてない珍しいお店です。


ネットで調べた情報によると17時開店だということだったので、早速行ってみたら開いてない・・・。
仕方ないので、目の前にあるラーメン屋「AFURI」に入ることに。
こちらもかなりご無沙汰していたお店です。

ここでは、個人的にスタンダードな「ゆず塩麺」を注文。

AFURI_ゆず塩麺

相変わらず、ゆずのいい香りが漂うすばらしいスープですね。
魚介系の香りも含まれるスープですが、ここのは上品なので、魚介嫌いな私も美味しく食べられるのです。
そして、炙りチャーシューがとてもいい感じ。実にウマイ!



と、アレコレしているうちに肉寿司が開店間近。
このお店は恵比寿横丁の中にあります。
恵比寿横丁は、赤提灯系のお店の集合体。
とても私好みの素晴らしい空間です。

恵比寿横丁

肉寿司さんはどうやら17時ではなく、18時開店のようです。

肉寿司_看板

そして、すでに開店待ちのお客さんが多数。
開店と同時に席がすべて埋まってしまいました。
どうやらかなりの人気店のようです。

私が注文したのは、馬(赤身)と牛(赤身)、それから牛サシトロ。

まずは赤身から。

肉寿司_馬赤身&牛赤身

大将曰く、馬赤身は赤い薬味(辛味噌ですね)がオススメということでしたので、それをつけていただいてみると───、

いや、とても美味しいですね。びっくりしました。
酢飯に甘味があって肉とよく合ってます。そこにピリッと辛味噌。
(テレビで見たのですが、酢飯にはバルサミコ酢を入れて甘味を出してるそうです)

牛赤身はワサビでいただきましたが、こちらも絶品。全く臭みが無くて新鮮な肉の旨味が広がります。


そして、最後は牛のサシトロ。
これは出てきてビックリ!!(まぁ事前にテレビで見てはいたのですが)

肉寿司_牛サシトロ

シャリを中心に、薄切りの柔らかい牛肉が一面に。牛肉はガスバーナーで直に炙られてます。
いや・・・、もはやこれ寿司では無いですよね・・・。

そして中心に鎮座するシャリを持ち上げて、一気に食べると、

超うめぇぇぇぇぇ!!!!!!!!

甘くてトロトロ、あらかじめ仕込まれてる塩と胡椒がいいアクセントになっていて、これは至福の逸品ですな。

しかもこんなに美味しい牛肉がふんだんに使われていてたったの500円!
ここのお店はとてもリーズナブルだと思います。
他にドリンク2杯と、おばんざい(ポテトサラダ)を含めて2,200円ほどでした。

この店はまた行きたいですね。
結構人気で開店と同時に入らないと厳しいというのが難点ですけど・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。