スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod nano -the 5th generation-

5代目iPod nanoを購入しました。
まぁ購入してからすでに1週間ほど経ちますが。

IPOD_NANO_01.jpg

ブラックカラーのiPod nanoと保護ケース、それからDockケーブル端子にぶち込むAUDIO TRAK製のラインアウトアダプタも同時に購入してきました。

iPodは特殊な転送ツール(iTunes)を使わないと音楽ファイルをコピーできず、かなり手こずりました。
昔からPCを使い慣れてる私としてはエクスプローラ(別にDOSプロンプトのcopyコマンドでもいいが)でコピーさせてほしいところです。
でもまぁよく考えると、PCのディレクトリ構造とか全く分からなくてもほぼ自動で(中途半端ではあるが)処理できるiTunesは一般ユーザから見れば便利なんでしょうね。

ちなみに私は「Exact Audio Copy」でCD→WAV、「LAMEエンコーダ(+フロントエンドGUI)」でWAV→MP3、それからSuper Tag Editorでタグ打ちしてますが、そうして作成した音楽ファイルをiTunesに読み込ませるとアルバムグルーピングで誤認識を多発します。orz
理由は良く分かりませんが、iTunes独自管理の(と思われる)アルバム名を勝手に設定してしまい、おかしなことになっているようです。
(iTunesの処理方式がわからないので対処のしようがなく後から手動で訂正する必要があります。マジで殺意が沸きます)
そのほか、PC上では正しくグルーピングされてるのにiPodに転送するとグルーピングされてないという、明らかにバグとしか思えない動作も摘出してしまいました・・・。
まぁリッピングを始め、すべてiTunesで管理しろということなんでしょうかね。


それはともかくiPod nano → AUDIOTRAKラインアウトアダプタ → オヤイデの短いケーブル → microshar μAMP109G2 → SENNHEISER IE8で接続するとこのようになります。↓
IPOD_NANO_02.jpg

iPodとμAMPはicon mobile付属のゴムバンドを流用して結束。(こういうゴムバンドって単体で売ってないのですかね)
ストラップはかなり前に友人に貰ったものが小物入れから出てきたので付けてみました。
なんか温泉旅館のお土産のようですが、実はアニメネタ(?)で、実際にこのような地名、旅館は実在しないようです。
(気になったのでググってみたのですがアニメファンっぽい方のサイトばかりヒットしますし、どうも実在しないものと思われます。詳細は不明)



ところでiPod nanoの音は、ネット上で言われているほど酷いものとは感じませんでした。
が特段良いとも思えず、ちょっと平坦で面白みの無い音かなぁとも思いましたが。
μAMP109G2を経由することで音のダイナミックさや広がりは格段に良くなるとは思いますが、やはりなんとなく平坦で面白みの無いイメージは拭えませんでした。
この辺は単なる好みの問題なのかもしれません。
いろいろレビューサイトを見ていると「フラットな鳴り方」と表現されている方もいましたし。

個人的にはこれまでメインで使用していたKENWOODのHD10GB7のほうが好きです。
こちらのほうがエネルギッシュで濃密な印象を受けます。
但しホワイトノイズも多く、そこはかなり気になる点でもありましたが。

残念ながらHD10GB7はそろそろお亡くなりになりそう。
もともと中古で購入したものですが、最近音楽ファイルを転送しようとするとHD10GB7側のファイルシステムが壊れてしまうということが多発してしまうのです。
これからはiPod nano(+PHPA)をメインで使っていくことになりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。