スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よこすかカレーフェスティバル2010

昨日になりますが、横須賀・三笠公園で開催された「よこすかカレーフェスティバル2010」の会場に行きました。
ここは、最近イベント続きだったのでこの土日もどこかに行ってやろうとネット検索で見つけたもの。
前回赤レンガ倉庫のカレーフェスタに行ったばかりですが、私はカレー大好きなので無問題です。

よこすかカレーフェスティバル2010_01

よこすかカレーフェスティバル2010_02


入場後すぐ、会場の入り口付近にあった会津のご当地カレーをゲット。
会津地鶏を使用したカレーですね。

よこすかカレーフェスティバル2010_03

赤と黒の二種類がありましたが、今回は黒カレーのハーフを注文してみました。

よこすかカレーフェスティバル2010_04

深いコクのある渋い味わいのカレーで、タイトルどおり「大人のカレー」って感じです。
玉ねぎとかの野菜をかなり煮込みまくってるのではないかと思える味わい。
辛さはあまり感じませんでした。


続いて購入したのは東京・市ヶ谷のパク森のカレー。

よこすかカレーフェスティバル2010_05

見ての通りカレールーのほかに、ライスの上に直接ドライカレーペーストが敷かれています。
ここのカレー、以前横浜・関内にあったカレーミュージアムにも入っていて結構好きだったカレーなんです。
ドライカレーのほうは肉の甘みが出ている感じでちょっとスパイシー、ルーのほうは甘酸っぱくてちょっとフルーティーな印象を受けます。
久々に食べましたが、やっぱり美味しいと思います!


そして最後は福岡・北九州市の門司港焼きカレー。
こちらは門司港界隈の名物となっているもので、私が大学院生時代に博多に住んでいたとき一度食べてみたいと思い、わざわざ門司まで向かった記憶があります。

よこすかカレーフェスティバル2010_06

焼きカレーはライスにカレールー、チーズに玉子焼きをのせてオーブンで焼き上げた料理です。
熱々でこんがり香ばしい香り。
スパイシーなルーとチーズと玉子のクリーミーな味が合わさって独特の味わいを出しています。
もう一回門司まで行って、ご当地で食べたいですね。


今回は残念ながら3杯で終了。
赤レンガと違ってライス付だったのでルーだけでいろいろなものを試すということができませんでした。
大きな肉が乗っかっている「黒部ダムカレー」食べたかったなぁ・・・。

最後にビール売り場で「横須賀ビアサケ」の樽生を購入して飲んどきました。
スタイルはおそらくイングリッシュペールエールと思いますが、苦味にドイツのドルトムントラガー(例:ヱビスビール)のようなニュアンスが感じられました。
あと、ちょっとアルコール臭が若干強いようにも感じられました。(ペリーと一緒にやってきた当時のビールをイメージして意図的にそうしているのかもしれませんが)
ちなみに特約店限定の横須賀ご当地ビールということになっていますが、横浜駅近くのそごうでも購入できます。
(あと、造ってるのは「鎌倉ビール醸造株式会社」です)


あ、そういえばなぜか箱根・大涌谷の「黒たまご」が販売されてたのでお土産に購入。

よこすかカレーフェスティバル2010_07

殻が黒く染まってます。
大涌谷の酸性熱泥にいれて熱した後なべに移してゆでているようですが、その際に殻に付着した鉄分と硫化水素が反応して殻の周りに硫化鉄が張り付いてこのような色になるようです。

よこすかカレーフェスティバル2010_08

ちなみに中身は普通に白いです↓
よこすかカレーフェスティバル2010_09

中身まで黒かったらどうしようかと思った・・・。
(ちなみに味は普通の美味しいゆでたまごでした)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。