スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂サカス・オーガニックフェスタ2010 → AZABU草ふえ・橘倉酒造イベント

4/24は、赤坂サカスで開催されたオーガニックフェスタ2010に行ってきました。
私は全く知らなかったのですがいつものYさんから教えていただいたのでちょいと参戦。

オーガニックフェスタ2010_01

会場では有機栽培された食材や、それらから造られた加工食品(調味料、酒など)や玄米を使った食事、化粧品、コットン素材のタオルや服などが売られていました。

まぁいつものことですが、当然私はお酒コーナーへ。
オーガニックワインや純米酒のコーナーがありました。

特に鈴木三河屋(日本酒、焼酎の出展)に常駐してました。

オーガニックフェスタ2010_03

王禄の純米酒(80%精米)、金寶の純米自然酒、竹林のオーガニック山田錦純米吟醸酒および純米酒(古酒ブレンド)を立て続けにいただきました。
どれも味に個性がでて素晴らしいものです。
金寶が一番重く、竹林の純米吟醸がもっとも軽い感じでしたね。
竹林の純米吟醸は吟醸香バリバリの感じではなく、とてもやさしい自然な米の香りが立っていました。素晴らしい食中酒になるでしょう。
竹林は岡山の丸本酒造さんが造ってますが、当日はお蔵の方がいらしていて色々お話を聞かせていただきました。
というかあの方、前に成城学園前の酒屋・宮崎屋球三郎商店でもお見かけしましたけど。(営業の方かな)


酒だけでは何なので、帰りにオーガニックハーブを販売しているお店・ネオナチュラルで、ハーブ(入浴剤・ポプリ用)を購入してみました。

オーガニックフェスタ2010_02

500円で袋に詰め放題で、とってもいい香りがします。40種類ほどのハーブをブレンドしているみたいでした。
寝るときにベッドの近くに配置していますが、とてもいい香りで安らぎ与えられます。
(昔からハーブは大好きなんですよ。ハーブティーなどもよく飲みます)



会場を後にしたときには丁度正午過ぎだったので、適当なお店に入って食事。
東京メトロ・赤坂駅の近くにあった「赤坂ラーメン」というところに入ってみました。

赤坂ラーメン

注文したのは黒胡麻の入った辛味麺で、上にキムチが乗ってました。
味はまぁまぁかな。
お店に入ったとき芸能人の色紙が大量に飾られていたので、なんか特別美味しいのかなと思いましたが、残念ながらそれほど私の好みではありませんでした。(ただマズイわけではないです)
屋台風のラーメンのようですけど、個人的に同じような系列ですと西麻布にある麻布ラーメンのほうが濃厚で好きですね。



そして、その辺でブラブラと時間を潰しながら5時くらいに西麻布へ。
AZABU草ふえさんで開催される橘倉酒造の井出さんと語らう会に出席するためです。

ちょっと早く着いたので、ラムバー・タフィアでモヒート(ラム、ミントの生葉、ライム、シュガーをソーダでアップするキューバ生まれのカクテル)を一杯いただいて時間を潰してました。
タフィアさんのモヒートは本当に美味しいですよ。素晴らしい!!
(というか、最近夕方5時開店になったのは知りませんでした・・・)


草ふえさんには6時前に着きました。
すると直後に井出さんも到着。井出さんはとても気さくな方で楽しい方です。

草ふえ_橘倉酒造イベント_01

橘倉酒造さんは主に日本酒を造られている長野の酒造さんで、地元長野の名産である蕎麦を使った焼酎も造られています。
今回はこの蕎麦焼酎「峠」メインのイベント。

25度のスタンダード品、それを香川県の水で前割りしたもの、長野県の水(峠の仕込み水)で前割りしたもの、35度のものを草ふえさんの甕で独自に熟成させたもの、樽熟の古酒の飲み比べの形でした。

特にそれぞれの水による前割りは、かなり個性に違いが生まれとても面白いです。
仕込み水で割ったものはさすがに相性がよく、峠そのものの味の輪郭を崩すことなく透明感のあるクリスタルのような味わいになってると感じました。
香川県の水によるものは、やわらかくとても温かみのある感じ。けどその反面やや味の輪郭がぼやけ、甘みが強く出すぎのような感じがしました。

焼酎にしてもその他の蒸留酒にしても酒そのものにこだわるのは面白いのですが、「水割り」をするときの水のほうに着目するのもとても興味深く、いい楽しみ方なのではないかなぁと思います。


会では井出さんから興味深いお話をたくさん聞くことができました。
蕎麦焼酎「峠」は蕎麦(8割)+米麹(2割)になってますが本来は蕎麦100%で造りたかったということと、蕎麦には麹カビがあまり繁殖せず断念したことをお伺いしました。
また、某大手さんが蕎麦100%を謳っている製品もおそらくは自然界の麹カビによる糖化ではなく、糖化酵素を使用したものであろうということなど、いろいろなお話を聞けて有意義な時間でした。

そういや、はるか昔の販促ポスターも見せていただきました↓
草ふえ_橘倉酒造イベント_02


他には、橘倉酒造さんの大吟醸酒粕で仕込んだ白瓜の粕漬けも食べることができたのですが、これがとんでもなく絶品でした。
あまりにも美味しいので、会に参加された皆さんが本当に絶賛されてました。
1袋500円で別途お分けいただくことができましたので、私も2袋購入しました。

購入したものは出張先で地ビールをお土産に買ってきてくれたWAVE常連のIさん、それからいつも美味しいお店や色々な食に関するイベントの情報をリークしてくださるYさんにプレゼントしたので私の分は無くなりましたけどね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。