スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒菜肉匠ふるや

本日の夜はいつものバーWAVEの近くにあるトンカツ屋「酒菜肉匠ふるや」に行きました。
よく通る場所にあるのですが、実際に行ったのは大分前にランチでのときのみです。
(この位置だと、まずバーWAVEに行くのであまり行く機会はないのです)

入った瞬間に、「あ、お連れ様の方ですね~」とか言われました。
何のことか分からなかったのですが、誰かが先に入店して相方と待ち合わせしていたところに私がいつもの如く単身乗り込んだので間違われたようです。
多分、雰囲気的に一人では行きづらいと思います。(というより、ランチは別にしてここへ一人行く人はいないでしょうな・・・)
私クラスのワンマンセルの達人でない限り、複数人での入店をオススメいたします。


で、本日は牛すじ煮込みと筍の唐揚げを注文。
トンカツ屋なのにトンカツを注文しないという、素人にはオススメできないオーダーをしてみました。
(ついでに熱燗と米焼酎のお湯割りも飲んどきました)


酒菜肉匠ふるや_牛すじ煮込み

牛すじに込みは、ちょっとピリ辛。
濃い目の味付けで中々美味しいです。酒の肴にはピッタリかな。
具として投入されている生姜の薄切りがすっきりいいアクセントになっています。


酒菜肉匠ふるや_筍の唐揚げ

もう一つ、季節限定の筍の唐揚げですが、これがやけにウマイ!
鶏の唐揚げ風の味付けで、よく味がしみてます。
衣も鶏唐風で、衣のサクサクの食感と筍のシャッキリ感がナイスな一品です。

筍はよく炭火焼きで食べますが、唐揚げは初めて食べました。
うーん、唐揚げもいいもんですね。


以上、ふるやさんはかなり美味しい良い店だと思うのですが、この場所(戸塚)にしてはちょっとお値段が張りますね。
ちなみにすじ煮込みが1,200円、筍が1,050円でした。(酒2杯合わせて、合計3,500円ほどでした)
一皿あたりの量が結構ありますので、「飲み屋」として使うならそれほど大した金額でないと思いますが、「夕食」として考えるとトンカツが2,000円前後(ライス別料金)なのでなかなかゴージャスなディナーになるのではないかと思います。(庶民としては)

(ちなみに、豚汁1,200円はちょっとアンビリバボーでした。このような金額の豚汁を他で見たことがありません。多分、豚汁というより「豚肉と根菜の白味噌風煮込み」と言ったほうがいいボリュームのものなのだとは思いますが。今度注文してみるか・・・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。