スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本大通り シタール

今日の昼食は日本大通りにあるインド料理店「シタール」でとりました。

通常ならランチメニューがあるみたいですが、日曜日はやってない模様。
仕方ないので単品カレーを注文しようと思いましたが、どうやらディナーコースは注文できるようでしたので、どうせならとコースにしてみました。

本日注文したのは、ムルギーセットというもの。
ベジタブルサモサ(インド風の野菜パイ)、サラダ、タンドリーチキン、カレー(単品メニューから1つ選択)、クルフィー(インドのアイスクリーム)、チャイ(インドのミルクティー)のコースでした。


最初に出てきたベジタブルサモサは、何の野菜かは分かりませんでしたが、スパイスの香りが結構ありました。
添えられていた緑色のソースはちょっと辛口で不思議な香りがしました。


続いてタンドリーチキン登場。

シタール_タンドリーチキン

スパイスの香りは結構大人しめで、やわらかい肉質でした。
美味しいと思いますが、こういう肉を焼く系の料理については、個人的にはもっとスパイスの効いたワイルドな味のほうが好みですかね。

というより、これをナイフとフォークで食べるのはかなり難しいです。
骨が複雑に絡まっていて、なかなか思うように切れないのです。
ある程度切りやすいように切れ目を入れてくれてますが、骨の付近のは無理やりそぎ落とすしかありません。
目の前の席にいたお上品でセレブそうな女性もこれにはかなり苦戦している様子でした。
ここのようなちょっと格式高そうな店でなければ、私なら確実に手づかみで直接かぶりつくところです。


そしてメインのカレー、チキンマサラ&ナンです。

シタール_チキンマサラ&ナン

インドのカレーというと、サラサラのスープ状のカレーで、やたらスパイスをきかせていて辛口といったイメージがありますが、ここのはトロッとしていてそれほど辛味もありませんでした。
代わりに旨味がかなり強く、しっかりとした味わいでとても美味しいカレーです。
具のチキンも柔らかくいい感じに仕上がってます。

ただ、私の苦手なコリアンダーリーフがまたもや入ってる!!!
インドカレーでこれが入っていたのは初めてなのですが、本格的なインド料理では良く使うハーブなのでしょうか。
洋食屋のスープにパセリの細かいのが入っているのと同じ程度にしか入ってないのですが、私の鼻は完璧にこの香りを捕らえてしまいます・・・。orz


最後はデザート。
インドのアイスクリーム「クルフィー」だそうです。

シタール_クルフィー

なんか不思議な食感です。
缶詰のパイナップルを凍らしたような、やや繊維質の感じられるシャーベットのような食感。
味はなにかナッツ系のペーストのようなコクのある香りやフルーツっぽい甘みと香りを感じました。
詳細はよくわかりませんが、とても美味しかったです。(普段はスイーツなんて食べないですけど)


そしてもう一つ、チャイ。

シタール_チャイ

すごく濃厚なミルク感のあるチャイでした。
砂糖がお好みで投入できるようになっていて、提供されるときは無糖なので個人的にはありがたかったです。
私は紅茶に砂糖は入れない派です。

ところでたまに「チャイティー」という表現がありますが、チャイ自体が「茶」なので、チャイティーだと「茶々」になってしまいます。
なんか変だぞ・・・。



あと、シタールは見たところ店員全員がインドの方だと思うのですが、なぜか店員同士の会話が日本語でした。
インドの言葉(ヒンディー語?)で喋ればいいのにね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。