スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜ビール 17BEER FESTIVAL

昨日3月7日、横浜ビール工場内のバー「ピボバル」およびレストラン「驛の食卓」にて、17BEER FESTIVALというイベントが開催されました。

↓告知ポスター
横浜ビール_17BEER_FESTIVAL_01

↓ディスプレイされた歴代のビール達
横浜ビール_17BEER_FESTIVAL_02


最初クラフトビアバーさんに行っていて、そこのマスターに「今日は横浜いきました?」と聞かれ、なんのことか一瞬分からなかったのですが、このイベントのことでした。
すっかり忘れてた・・・。

これは、レギュラービールを含めた17種類のビールを一挙開放するというもの。
1杯180mlで、10杯券が2,000円、17杯券が3,000円というお得な値段でした。

当然、私は17杯券を購入。
行くのが遅く、閉会まであと2時間くらいしかありませんでしたが、何とかなるだろうと。

そして最初から「スコーピオンデスロック」(ダブルIPA、ABV:9.5%)で飛ばして行きます。
こちらのダブルIPAは横浜ビール最新作になっていて、濃厚でかつ苦味の強い、素晴らしいビールでした。

そしてその後いただいたのは「ドラゴンスプラッシュ」。こちらもスコーピオンデスロックと同じくプロレスシリーズの1つ。
スタイルはIPL(India Pale Lager)といって、アメリカの地ビール工場が最近造り始めた最新のスタイルとのこと。
日本では横浜ビールが初になるようです。
IPLの定義がいまいち分からないのですが、横浜ビールでは通常のピルスナーのレシピで、使用ホップをチェコのザーツからアメリカンホップ(カスケードだっけ?)に変更しただけとのこと。
しかし、味わいはここまで変わるのかというほど別物になっています。
やはり麦だけでなく、ホップもビールの味わい・香りを構成する重要なファクターであることを感じさせられます。

その後、チョコレートスタウト、インペリアルスタウト、ボックとアルコール度数高めのものを中心に爆烈飲みしていたのですが、最後の4杯を残してラストオーダーに。
丁度タップの前にブルワーのGさんがいらっしゃったので、無理をお願いして券を4枚消費し、大きなグラスに「スコーピオンデスロック」を注いでもらいました。(最後の最後で、トドメに最強度数のを注文してやったZE!)


ちょっと時間オーバー気味だったけど、十分楽しめました。
もっと早く来ていれば落ち着いて飲めたかも―――、と思ってたら早い時間は人多すぎでとても「落ち着いて」なんて状態じゃなかったらしい・・・。




会場で当日限定のボトルビール「アパッチのおたけび」と「ドラゴンスプラッシュ」をGETしてきました。

横浜ビール_17BEER_FESTIVAL_03

両方とも従来はボトリングしていないもの。
ラベルがなんかスゴイことになってますが。
「大日本プロレス公認」って本当なのかな・・・。

(ちなみに「アパッチのおたけび」はアメリカンIPAです)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。