スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SENNHEISER HD25-1II

またまた無駄に中古ヘッドホンを回収してきました。
今回はドイツ・SENNHEISER社のHD25-1IIです。

HD25-1II_01.jpg

HD25-1II_02.jpg

↓装着時。ヘッドバンドが前後に開けるようになっています。
HD25-1II_03.jpg

見た目はなんかショボイですね。
「ダ○ソーで買ってきました」と言っても、誰も疑わないと思います。

このヘッドホンは低音よりで、前々からロックとかメタルとかいった低音バリバリの音楽にマッチすると聞いていたのでちょっと欲しいかなぁ思っていたのです。
これまで購入したのは、フラットなものかどちらかというと高音寄りで、あからさまに低音重視のヘッドホンはこれが初めて。
(イヤホンだと大分前に買った「SENNHEISER CX400」が低音寄りに該当するかも。まぁあれは知り合いに譲渡したためすでに手元にありませんけど)


早速聴いてみました。
いつもどおり、PC(foobar2000) → USB BOX → ValveX SE → HD25-1II の構成。


最初に低音強め系の曲。聴いたのは以下のもの。

・頭文字D D BEST SELECTIONより「SPACE BOY」
・デトロイト・メタル・シティ 魔界遊戯より「SATSUGAI」
・E-ROTIC SEX GENERATIONより「BILLY JIVE (WITH WILLY'S WIFE)」
・麻枝准 Love Songより「蒼の夢」

全体的に硬い低音がしっかりと鳴っていて、全くぼわつかず高音質な印象。
炸裂するように鳴り、音圧がすごく強いと思います。
特に「蒼の夢」の出だし部分の"きみをさがしていた"の後、音の爆発が聴いていてとても気持ちよく感じました。

ちなみに、中高音が軽視されているわけでもなく、明瞭な音を鳴らしてくれます。
低音よりのヘッドホン・イヤホンは中高音がつぶれてしまっているのが多いと感じるのですが、これはそんなことはなくていいですね。


お次にあまり低音寄りではない、静かな感じの曲もいくつか聴いてみました。

・谷山浩子 テルーと猫とベートーヴェンより「テルーの唄」
・ナルキッソスOSTより「ナルキッソス」
・Navy & Ivory 泣けるほど好きな人より「ねぇ」

思ったよりも悪くなかったです。
ただ、後ろで鳴っているわずかな低音が無駄に強調されて、ヴォーカル部分を微妙に打ち消しているように感じました。
あと、音が全体的に低音寄りに落ちていて暗い印象を受けます。

声楽曲もいくつか聴いてみたところ、「クラシックを聴くとクソ」という前評判ほど悪くはないかなぁと思いました。
確かに音質そのものはいいもののやや平面的に感じられるので、クラシックしか聴かない人が敢えてこのヘッドホンを選ぶ理由はないと思いますけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。