スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOLDRING DR150

ヘッドホンを1つ購入してきました。
実家に帰ったとき弟にオーテクのATH-CK7を、母親にAKGのK518LEを贈呈したのでそれを補完する意味での購入。

今回はK518LEと同等の、8,000~12,000円くらいのものを探していました。
そして、そうこうしているうちに発見したのが英国GOLDRING社のDR150。
値段の割りに結構いい音が鳴るとの情報を得たのでとりあえずこれにしてみました。(中古8,800円でGET)

↓前面
GOLDRING_DR150_01.jpg

↓側面
GOLDRING_DR150_02.jpg

↓装着時
GOLDRING_DR150_03.jpg


見た目は私の持っているものでいうと、SENNHEISERのHD600に似ています。
早速、PC(foobar2000) → Prodigy CUBE → ValveX SEの環境に接続して聴いてみるととても柔らかな音です。
低音が結構強くやや暗い感じを受けましたが、不透明さは感じませんでした。

実売10,000円台前半にしてはかなり高音質だと思います。
ただ、ヴォーカルの「サ行」が結構ささります。
あと見た目の良く似たHD600と聞き比べるとやはり粗さが目立ちました。
それと音の広がりがあまり感じられません。
オーテクのAD1000ほどではありませんが、HD600と比べると耳のそばで鳴っている感がかなりあります。

どこかで「クラシック向け」とみたのですが、ロックやポップスのほうが合うんではないかなと個人的には思います。

結論としては値段よりはいい音が鳴るので、今まで2,000円程度のヘッドホンを使っていた方がちょっと上位機種を試してみたいと思ったときに視野に入れてもいいかもしれません。
すでに実売4万円以上のヘッドホンをお持ちの方はあまり買っても意味が無いかも・・・。



あ、そういえばこれケーブルの着脱ができます。
しかも単なるミニジャック端子なので市販のケーブルを使用することができます。

GOLDRING_DR150_04.jpg

マニアな方々なら色々ケーブルによる違いを楽しめるかもしれません。
ちなみに私は日立電線製(販売はオヤイデ電機)のケーブルに付け替えてみました。

GOLDRING_DR150_05.jpg

低音に厚みがでた気が・・・するかも?
(気のせいかな・・・)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。