スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SENNHEISER IE8

ドイツの音響機器メーカー・SENNHEISER社のイヤホン「IE8」を購入しました。

SENNHEISER_IE8_01.jpg

このIE8、ダイナミック型の中では最高峰らしいです。
私の中ではダイナミック型=10,000円以下というイメージがあったのですが、IE8は実売25,000~40,000円という価格です。
(後から調べたらFINAL AUDIO DESIGNというメーカーが200,000円というアンビリバボーな価格のダイナミック型イヤホンを作っているみたいですが。まぁこちらはクロム銅を削りだして作っているみたいなので、素材&造形技術料が大半を占めているのかもしれませんけどね)

いつもの如く中野のフジヤエービックさんで購入したのですが、このIE8の他に購入候補としてUltimate Ears社の「Triple.fi 10 Pro」がありました。
早速試聴させてもらったのですが、10Proはバランスドアーマチュア型らしく明瞭感が強い音で、信じられないほど低音の音質が良かったです。
上品でかっちりと締まった素晴らしい低音だと思いました。
ちょっと聴いて「もうこれにしようか」と思ったのですが、IE8を聴いてちょっと迷いが。
IE8は凄く臨場感が強く、評判どおりオーバーヘッドホンのような鳴り方をします。
こんな小さな筐体なのに、音場が広大で音圧が強いのです。
特に低音の弾けるような力強さと残響感は感動ものです。

かなり迷ったのですが、結局今回はIE8を選びました。
(まぁ2つとも買うという選択もあったのですけど、そんなに安い買い物ではないので・・・)


IE8ですが、見た目はあんまり高級感が無いですね。

SENNHEISER_IE8_02.jpg

SENNHEISER_IE8_03.jpg

外観は音質と無関係なのであまり気にしないほうですが、もうちょっと高級感のある外見でもバチは当たらないかと。


早速聴いてみました。(ちなみに横浜にあるHUBというブリティッシュパブです)

KENWOOD HD10GB7 → NuForce icon mobile → SENNHEISER IE8

の環境。

SENNHEISER_IE8_04.jpg


試聴のときも感じましたが、ものすごく音場が広く、低音がパァ~ンと炸裂するように力強く鳴ります。
しかし、ボワンボワンと下品になるのではなく、締まりのある上質な低音です。
そして、その低音にかき消されることなく鳴る中高音の音質も上々。
(ちなみにハウジングに低音調整のダイヤルがあって、これを回すことで低音の出方を調整できます。私は「最小」に設定してます)

明瞭感や分離感といったところでは、バランスドアーマチュア型にはかなわないのかもしれませんが、この迫力と臨場感のある音はダイナミック型ならではなのだと思います。


PC → Prodigy CUBE → ValveX SE → HD600 or IE8

という環境で、手持ちのSENNHEISER社の製品HD600とIE8を聞き比べてみましたが、IE8はHD600に負けていないと思います。
さすがにHD600のほうが透明感が強く音場も広大と感じましたが、それでもIE8が圧倒的に劣っているとは感じませんでした。


価格はそれなりにしますが、IE8は購入して損する製品ではないと思います。
外でオーバーヘッドホン並みの迫力ある音を楽しみたい方はぜひ候補にいれていただければと思います。
ただ、遮音性があまり無いというのが難点かもしれません。外界の音がモロに入ってきます。
まぁ、ER-4S並に遮音性が高すぎるのも安全面からどうかとも思いますが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。