スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜木町 ブーシェル

桜木町・紅葉坂にあるビアバー「ブーシェル」にいってきました。

ブーシェル・看板

こちらはTHE BANKや幸喜屋を教えてくれたYさんに教えてもらったお店。
この方に教えていただいたお店はことごとくハイレベルなのでかなり期待していきました。

このお店はドイツビールのボトル中心のビアバーで、おつまみはドイツ料理(ハム、ソーセージなど)が中心になります。

入店早々、まずはビールを注文。
ヴェルテンブルガー・アノ1050というオクトーバーフェストビア(メルツェン)です。

ヴェルテンブルガー・アノ1050

他のバーや赤レンガ倉庫のオクトーバーフェストにて樽生バージョンは飲んだことありましたが、ボトルのほうは初めて。
樽生同様、麦芽の甘い香りがよくでていて非常に美味しいビールです。
容量も500mlあるのでのみ応えも抜群。

ビールはマスターの奥さんらしき方が注いで持ってきてくれるのですが、注ぎ方がいいのか適度に炭酸が飛んでおり、まろやかな口当たりになってます。
ビールの温度管理もしっかりしているみたいで、冷たすぎて味がわからないといったこともないです。


そして、ビールと一緒に「コッホサラミ」というものを注文。

ブーシェル・コッホサラミ

"コッホ"というのは良く分かりませんが、とても味わい深い美味しいサラミでした。
ピクルスも付いておりこれらもなかなか。
特にトマトのピクルス(?)は甘みと酸味が同居しており絶品。この味は初めてですね。


もう一杯注文したのは、ドイツ・デュッセルドルフのアルトビール「ユーリゲ」。
日本ではあまり見かけないビール。
おそらく国内流通量はほとんどないと思います。

ユーリゲ・アルト_01

ユーリゲ・アルト_02

そして、こいつがまた感動的にうまいのです。
スパイシーさを含んだ香ばしい香りに、甘味・酸味のバランスが整った味わい。
そして特筆すべきはその苦味。
まるで渋味であるかのようないつまでも余韻の続く、品のある苦味を持っているのです。
こんなにも濃厚な味わいのアルトがあるとは思いませんでした。
私もまだまだ飲みが足りませんね。(ということでさらに爆烈飲みするZE!)


ここのお店は落ち着いていて雰囲気もいいし、また訪れると思います。
というより、ユーリゲは飲むべし!! (残念ながら常時置いてるわけではないみたいですが)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。