スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棚の奥を整理していたら未開封焼酎を多数発見!

ちょっと棚を整理しようといろいろいじっていたら、奥から未開封の焼酎がたくさんでてきました。
まぁいつもは手前のものを飲むので、奥に入れたものは全く手付かずになってしまったということです。

ちなみにこんなのが眠っていました。
もう何年も前のやつもありました。


眠っていた焼酎達_01

左のは、小正酒造の「蔵の師魂 初垂れ」。芋焼酎「蔵の師魂」の初留です。
キッチンの流しの下から発見しました。
多分、すでに5年以上経過していると思います。

となりのは西酒造の「万暦 初留取り60」と「万暦 初留取り240」。
240が芋焼酎「富乃宝山」の初留、60が芋焼酎「吉兆宝山」の初留だったと思います。(うろおぼえ)
たぶん、すでに生産終了かと。
現在も同じ名前のものが販売されていますが、中身は別物のようです。


眠っていた焼酎達_02

左から大和櫻酒造の「とっておき」。25年熟成の芋焼酎と30年熟成の米焼酎のブレンド品。
櫻井酒造の「櫻井・麦古酒(原酒)」。(櫻井さんはほぼ芋オンリーで麦は極わずかしかなかったと思います)

白石酒造の「栗東」。栗東という珍しいサツマイモで仕込んだ焼酎。

渡邊酒造の「鶴の荷車」。麦焼酎原酒の15年古酒。


眠っていた焼酎達_03

左から岩倉酒造の「よんよん」。麦焼酎「三段仕込み」の原酒(古酒)。

中村酒造の「なかむら穣」。芋焼酎「なかむら」の原酒。

塩田酒造の「風に吹かれて 2004」。芋焼酎「六代目百合」の原酒の2004年度版。

佐多宗二商店の「刀」。紅芋仕込みの高濃度原酒だったと思います。(もともと全日空ANAの国際線で海外へのお土産用に売られていたらしい)


眠っていた焼酎達_04

左端のは、黒木本店の「爆弾ハナタレ」。おそらく芋焼酎「たちばな」の初留と思います。

右2つは佐藤酒造「佐藤」の初留「げん露」と、原酒「あらざけ」。
あらざけは黒麹の原酒みたいですが、げん露はよくわかりません。
メーカーのホームページによると、共に生産終了のようです。


眠っていた焼酎達_05

「佐藤」の新原酒「あらあらざけ」の2006年版と2007年版です。
(2006年版は2本あって、一本開封済みでした)

これらはレギュラー品の原酒というわけではなく、独自に仕込んだものとのこと。
毎年原料となる芋や米の品種が異なるため、すべて違った味わいになっています。


眠っていた焼酎達_06

左から佐多宗二商店の芋焼酎「不二才」。2004年のもので旧タイプの四合瓶です。(現在のものは一般的な形の四合瓶になっている)

日當山醸造の「八雲立つ」。芋焼酎の模様。えらく昔にゲットしたものと思われますが、詳細不明です。

黒木本店の「き六 冬季限定新酒」。名前のとおり芋焼酎「き六」の新酒ですが、もう3~4年経っていると思われますので、すでに"新酒"ではありません。
棚の奥でそのまま放置された哀れな新酒君です・・・。

岩倉酒造の芋焼酎「妻」。私の好きな「月の中」と同じお蔵の製品で、月の中同様やわらかな甘さのあるいい芋焼酎です。
これもかなり前にゲットしたと思われますが、未開封なので中身は大丈夫なはず。


眠っていた焼酎達_07

ワンカップや小瓶もありました。
左2つは甲類焼酎。
以前北海道へ旅行に行ったときに捕獲した北海道限定の「サッポロソフト」と、鎌倉の酒屋で埃をかぶっていたところを捕獲した2001年蒸留の韓国焼酎「眞露」。

真ん中は黒木本店の芋焼酎「たちばな」のワンカップ。閉店した焼酎バー・アランビックの店長さんにおみやげとしていただいたものです。

そのとなりは佐藤酒造の「ころころ小六」。そのまま燗付けや冷やして飲めるように芋焼酎「佐藤」を12度まで前割り(あらかじめ水で割っておくこと)してある商品だったと思います。
すでに生産終了??

最後はどこで入手したのか不明な原田酒造の黒糖焼酎「満月」ワンカップ。
「本格焼酎」のラベルをセロハンテープで貼り付けてあるのが、現地消費用製品であることを思わせます。



今回発見した未開封品はこんなものです。(結構ありました)
押入れとか他のところを調べたらさらに出てきそうです。
冷蔵庫の中もカオス状態なのでちょっと整理しないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。