スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィズを作ってみた

本日はカクテルのフィズを作ってみることにしました。
朝っぱらから。

自分は基本的にアルコール度数の強いカクテルしか飲まないので、ロングカクテルなんかあまり作ることなかったのですが、ふと思い立ちちょっと甘々軟弱系(アルコール度数的な意味で)に挑戦してみることに。

今回作ったのは、「バイオレットフィズ」というものです。

バイオレットフィズ_01

スミレの香りがするリキュール「パルフェタムール」ベースのロングカクテルです。
色が素敵ですね。

ちなみにレシピは以下の通り↓
バイオレットフィズ_02

・パルフェタムール:3/4
・レモンジュース:1/4
・シュガーシロップ:1tsp
・クラブソーダ:適量

クラブソーダ以外をシェイクしてグラスに注ぎ、クラブソーダでアップします。
そしてできたものを飲んでみたら―――

甘い!!!!!!

グラスの容量が少なくてソーダをあまり入れられなかったかもしれませんが、死ぬほど甘い。

つーか、タダでさえクソ甘いリキュールに対して、さらにシュガーシロップを投入しているので、(私にとっては)殺人的な甘さです。
ちなみに今回使ったシュガーシロップ「Carib」はとても濃度が高いです。
純粋に甘さのみを伝えるために作られた高級シロップ(といっても1瓶1,200円ほどですが)で、香りは全くなく、ただただひたすら甘いです。
カクテルによって、トロワ・リヴィエールのシュガーシロップ(こちらはシナモンの香り付けがされていたり、旨味もある)と使い分けてます。


これだけじゃなんなんで、他にも作っときました。(ハイアルコールのショートカクテルですけど)


バカラというカクテル↓
バカラ_01

こちらもアクアブルーの美しいカクテルですが、アルコール度数は結構高いです。

レシピはこちら↓
バカラ_02

・ウオツカ:2/4
・テキーラ:1/4
・ホワイトキュラソー:1/4
・ブルーキュラソー:1tsp
・レモンジュース:1tsp

これらをシェイクしてカクテルグラスに注ぎます。

ウオツカは最近買ってきたばかりのスカイウオツカ、テキーラはエラドゥーラを使いました。
ホワイトキュラソー(トリプルセックキュラソー)は有名なコアントロー。
ブルーキュラソーはシャルル・バノーになります。
レモンジュースは近所の自然食品の店で買ってきた瓶入りのものを使ってます。

できあがりはちょっとテキーラが強かったかも。エラドゥーラは結構香りが強いかも。
カクテルに使うんだったらサウザあたりがいいと思うんですが、残念ながらウチには無い・・・。


もう1つ、ウイスキーカクテル↓
ウイスキーカクテル_01

名前の通り、ウイスキーベースのカクテルです。
というよりほとんどウイスキーですけど・・・。

レシピはこちら↓
ウイスキーカクテル_02

・スコッチウイスキー:60ml
・シュガーシロップ:1/2tsp
・アロマティックビター:1dash

これらをステアして、カクテルグラスに注ぎます。

今回使ったスコッチウイスキーは「ザ・シックス・アイルズ」。
名前の通り、スコットランドの6つの島のモルトウイスキーをヴァッティング(*)したもので、アイラ島・ジュラ島・マル島・オークニー島・スカイ島・アラン島のものが使われています。

複数のモルトがヴァッティングされているだけあって、スモーキーな香りや塩っぽい香り、甘ったるい香りなどいろいろな香りが詰まっている美味しいウイスキーです。
ウイスキーカクテルは、これにほんのりと甘さと苦味が加わっていいですね。



今回、ロングカクテル(甘い系)作成に挑戦してみたわけですが、やっぱり甘くて苦手だなぁ・・・。
まぁ、ジントニックやジンリッキーみたいな甘くないヤツならうまいと思いますけど。




(*)モルトウイスキー同士を混ぜ合わせること。モルトだけでなくグレーンウイスキーも混ぜ合わせる場合は一般的に「ブレンディング」といい、区別されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。