スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄遠征 2日目 金武酒造

※今回の写真には人物が写りこんでいるものがありますが、顔の部分にぼかし効果を適用しています。

沖縄遠征2日目、泡盛蔵見学。
最初に訪問したのは金武町にある、金武(きん)酒造さんです。

金武酒造01

金武酒造02

ここのお蔵さんの銘柄は「龍(たつ)」。
個人的にはあまり飲んだことのない銘柄だったので、ちょっと楽しみな蔵です。

ここのお蔵さんは古酒を熟成するための鍾乳洞があります。
ありがたいことに、この鍾乳洞に案内していただくことができました。
(本来は有料のようですが、無料で見学できました)

鍾乳洞古酒蔵01

鍾乳洞は地下に続いているようです。早速階下へ。

鍾乳洞古酒蔵02

鍾乳洞の中は恐ろしく涼しいです。
外に比べて涼しいというレベルではなく寒いくらい。
おそらく年中通してこの温度に保たれているのでしょう。
変化のない温度が素晴らしい古酒をもたらす、ということを聞いたことがあります。

鍾乳洞古酒蔵03

上から水滴が落ちてくるのですが、これにあたると冷たくてビクッとしてしまいます。

鍾乳洞古酒蔵04

この鍾乳洞はとても豊富な水源があります。
かつて戦地となったとき、この鍾乳洞にもたくさんの方が避難されたそうですが、この水源のおかげでただの1人も亡くなった方はいなかったそうです。

そして地下にたどり着くとそこには無数の古酒瓶。

鍾乳洞古酒蔵05

鍾乳洞古酒蔵06

10万本以上あるそうです。凄い・・・。
それぞれの瓶にはオーナーがいて、期を熟して旅立つまでこの鍾乳洞の中で眠り続けます。
ちなみに今回訪問したメンバー全員で1本注文しました。
熟成期間は5年間。5年後が待ち遠しい!


鍾乳洞から戻るといよいよ工場内の見学。
まずは瓶詰めを行っている第2工場へ。

従業員の方がラベル貼りをしていました。

金武酒造_工場内01

泡盛を貯蔵するタンクが並んでいます。

金武酒造_工場内02

瓶詰めされた泡盛「龍」。

金武酒造_工場内03

これは一斗(=十升=百合=18リットル)瓶。このサイズはあまり出荷されることはないですね。


第2工場の見学のあと、続いて実際に泡盛の蒸留が行われている第1工場へ。
蔵の中は独特の香りが漂います。
入り口のところには原料となるタイ米がたくさん積み上げられていました。

金武酒造_工場内04

まずは最上階へ。
ここでは洗米・蒸米が行われます。

金武酒造_工場内05

ここで蒸しあがった米は階下へ送られ、種付け(麹菌を米に散布する)・製麹(麹の育成)が行われます。

金武酒造_工場内06

このときは残念ながら空の状態でした。

製麹により生まれた麹は、さらに階下のタンクに送られ、酵母が投入されモロミ造りがなされます。

金武酒造_工場内07

泡盛造りに使用されるのは黒麹菌のため、生まれるモロミは写真の通り黒色を帯びます。

モロミが出来上がったら、次はいよいよ蒸留。
蒸留器に投入して熱を加えて蒸留開始です。

金武酒造_工場内08

蒸留では、アルコールとその他の物質の沸点の違い(アルコールは80度ほどで気化)を利用してアルコールのみを蒸発させ、これを冷却することにより、より強いアルコールを得ます。

そうした工程を経てようやく泡盛は生まれます。
これが、生まれたばかりの泡盛の原酒。

金武酒造_工場内09

できたてを少しだけですが味見させていただくことができました。
野生的でオイリーな、力強い味わいでした。
最終的にはこれに濾過をかけ、数ヶ月~数年の熟成を経て出荷されていきます。

泡盛造りの初めから終わりまで一通り見せていただくことができ、とても有意義な時間でした。


金武酒造さんを出た後、ちょっとした時間つぶしのため近くの海に行きました。

金武酒造_付近の海岸

皆さん裸足で海の中へ入り楽しんでいたようですが、私はあまりにも暑かったため途中から木陰に隠れていました。
そして帰り間際、看板に次の文言が書いてあるのを私は見逃しませんでした。

ここには猛毒のハブクラゲが生息しています。ご注意ください。

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
ボク、海ニ入ラナクテ良カッタヨ・・・。


この後、1日目にお世話になった中里専務のいらっしゃる神村酒造に行くことになるのですが、それはまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。