スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEETBOX the next generation

SWEETBOXという歌手のアルバム「the next generation」というのを買ってきました。
昔、同じ歌手の「Classified」という、クラシック音楽をフィーチャーしたアルバムを購入してすごくいい曲だったのですが、その人のアルバムが新譜のところに並んでいたのでGET。

ちなみにこのアルバム、某大手通販サイトのレビューで酷評されています。
なんかプロデューサー、歌手、レコード会社すべてが変更されているみたいなのです。
ファンからしてみたら嫌な感じなんでしょうね。

特段ファンというわけではない私からしても、「それはもはや別物では・・・」と思ってしまいますので。
まぁ、私は特にSWEETBOXという歌手にこだわっているわけではなく、単にクラシック音楽をフィーチャーした曲が好きなだけなのでどうでもいいですけど。

the next generationの帯にはヴィヴァルディ、バッハ、ベートーベンといった音楽家の名前が記載されています。
で、期待して早速聴いてみたのですが、クラシック系はあんまり収録されてないですね・・・。orz

1曲目(ヴィヴァルディの四季・春の第一楽章)が一番好きかな。
後はベートーベン・第九「歓喜の歌」をフィーチャーした9曲目。
バッハ・トッカータとフーガニ短調をフィーチャーしたのもありますが、こちらはあんまり好きではないです。

ついでにいうと、Classifiedに収録されていたEVERYTHING'S GONNA BE ALRIGHT(バッハ・G線上のアリアをフィーチャー)のニューバージョンが収録されているのですが、圧倒的にClassified版のほうがいいです。

さらにそのニューバージョンを中田ヤスタカという人(Perfumeとかいうアイドルグループ?の曲を作っている人らしい)がアレンジしたものも収録されているのですが、正直糞アレンジとしか・・・。
G線上のアリアを完全に無視してる・・・。フザケンナ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。