スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カクテル ウェディング・ベル

漫画「バーテンダー」16巻を購入したのですが、その中のエピソード「竹鶴・リタの物語」の最後で取り上げられたカクテル「ウェディング・ベル」を作ってみました。
(ちなみに竹鶴は、ニッカウヰスキー(元・大日本果汁)の創始者・竹鶴政孝のこと。リタはその奥様)

Wedding_Belle.jpg

とりあえず漫画の中で紹介されたレシピで作ってみました。
ジン2/6、デュボネ2/6、チェリーブランデー1/6、オレンジジュース1/6をシェイクして作ります。
デュボネは、キナの樹皮で香り付けされたフランスの薬草ワインの一種です。

飲んでみるとデュボネの苦味がアクセントで、やはりデュボネ独特の香味が良くでてます。
あと、チェリーブランデーがかなり劣化していたので、それも結構きましたね。買い換えないと。


で、このウェディングベル、なんか「結婚式の鐘」とはイメージと違う液色だなぁと思ってちょっとネットで調べてみたのですが―――

どうやら、スペルが違って「Wedding Belle」。
「美女の結婚」という意味らしいです。
まぁ、どちらにしろなんかイメージと違いますけど・・・。
漫画「バーテンダー」ではこのカクテルを「結婚式の鐘」と解釈して話が展開されてました。
(ちなみに16巻は北海道編で「YAZAKI BAR」というのがでてきますが、もちろん名門「BARやまざき」がモデルでしょうね)


そして、結婚式の鐘の意味の「Wedding Bells」というカクテルのレシピもついでに発見。
ちょうど材料もあることですし、こちらも作ってみました。
(どちらにしろ、カラーリング的にどうも"Wedding"的とは思えないですが。どうしても「純白」の液色を想像してしまいます)

Wedding_Bells.jpg

レシピは、スコッチウイスキー2/6、ドライヴェルモット2/6、オレンジキュラソー1/6、オレンジビター1/6をステア。

ん??

オレンジビター、1/6・・・だと・・・!?

60mlで作るなら10ml入ることになります。
オレンジビターは、普通アクセントに1dash程度を入れるものだという認識だったのですが、10mlって・・・。

まぁ、仕方ないので検索でヒットしたレシピどおりに作ってみましたよ。

そして、苦い・・・。
キュラソーが入っているので甘みはありますが、舌を痺れさせるような苦味を帯びてます。
ただ、オレンジビターをたくさん入れると香りはとてつもなく良いですね。
オレンジビターの分量を少し調節してやれば、私の好みの味になりそうです。



以上、Wedding=結婚に関わるカクテルを2つ作ってみたわけですが、どちらも苦いです。
結婚生活は苦くツライということを表しているのでしょうかね。
(独身の私は超勝ち組という認識でよろしいでしょうか??)
スポンサーサイト

カクテルグラス、etcを買ってきた

先日のクリストフルのオールドファッションドグラスに引き続き、カクテルグラス、タンブラー、ショットグラスを買ってきました。

さすがに高級ブランドを大人買いできるほど裕福ではないですので、安くてそれなりにいいものが無いか探していたところ、浅草にある「創吉」というお店を発見。
1,000円前後でも結構いいものが買えるとのことでしたので早速浅草へ遠征!

小一時間ほど店内を見てから、低価格で個人的に気に入った以下のものを購入しました。

グラス各種

カクテルグラスが2,000円、タンブラーとショットグラスがそれぞれ1,000円でした。

早速カクテルグラスを使ってみようと思い、カクテル「オリンピック」を作ってみました。

オリンピック_01

パリで開催されたオリンピックに合わせて作られた古いカクテルだそうです。
レシピは以下のとおり。

オリンピック_02

ブランデー、オレンジキュラソー、オレンジジュースを同じ割合でシェイクしてカクテルグラスに注げば出来あがり。
甘くて優雅な香りの、上品なカクテルです。
ちなみに今回の材料はすべて新しく買ってきたもの。(すべて品切れになっていたので。ブランデーは「ポールジロー25年」と「ダニエルブージュ・ロワイヤル15年」がありますが、あまりカクテル向きじゃないです)
ブランデーは「ヘネシーVS」、オレンジキュラソーは「グランマルニエ」、オレンジジュースは近所の自然食品の店で購入したもの(厳密には温州みかん+伊予柑のブレンドジュース)です。


他にもいろいろ作ってみました。

アンダルシア
アンダルシア。シェリーの故郷、南スペインのアンダルシア地方をイメージしたカクテルです。フィノシェリー1/2、ブランデー1/4、ホワイトラム1/4をステア。

オレンジ・ブロッサム
オレンジ・ブロッサム。アメリカの禁酒法時代、密造された粗悪な酒を何とか飲むために作られたものが元になっているようです。ドライ・ジン2/3、オレンジジュース1/3をシェイク。

ビトウィーン・ザ・シーツ
ビトウィーン・ザ・シーツ。「寝床に入って」という名のナイトキャップ。度数は結構高いです。ブランデー1/2、ホワイトラム1/2、ホワイトキュラソー1/2、レモンジュース1tspをシェイク。

ブルームーン

ジンベースのカクテル「ブルームーン」を久々に作りました。

ブルームーン_01

以前作ったバイオレットフィズ(激甘)と同じ、美しい紫色のカクテル。
材料には同じく「パルフェタムール」を使います。

ブルームーン_02

レシピはドライ・ジン1/2、パルフェタムール1/4、レモンジュース1/4。
これらをシェークしてカクテルグラスに注ぎます。

このカクテル、酒言葉があってそれは「できない相談」。
昔はバーで女性が男性の誘いを断るのに使ったらしいです。
男性の誘いを断るとき、このカクテルをオーダーするのだとか。
「あなたのお誘いに応じるのは『できない相談』よ」ということでしょうかね。

それはさておき、カクテル自体はとても美味しいのです。
どうやら結構古いカクテルのようですが、パルフェタムールの妖しい香りがほんのりと薫ります。
バイオレットフィズとは違って度数も強く、ややガツンときます。

あと、"ブルー"ムーンという割には、カラーは紫色ですけどね・・・。

さくらんぼサイダーでカクテル。

三ツ矢サイダー・さくらんぼ味が売っていたので、購入してカクテルを作ってみました。

さくらんぼサイダーカクテル_01

このサイダー、結構さくらんぼっぽい味がします。
まぁ、果汁はたった1%ですがね。

とりあえず、今回はジンとあわせてみました。

さくらんぼサイダーカクテル_02

ビーフィーターがなくなったので新たに購入してきたタンカレー。これをグラスに30ml注いでさくらんぼサイダーでアップ。
カットレモン1個を搾ったあとに軽くステアして出来上がり。

お手軽カクテルですが、結構うまいですよ。お試しあれ!

焼酎カクテルを作ってみた

ふと思い立ち、焼酎を使ったカクテルを作ってみました。

鬼兜カクテル_01

特に名前はありませんが、ウオツカ、樽熟成米焼酎、桜リキュールを使ったカクテルです。
ウオツカのドライ感、樽熟成米焼酎の深みのある甘い香りに、ほんのり桜のアクセント。
和風な味をイメージして適当に作ってみたのですが、以外にうまかったです。

レシピはこちら↓
鬼兜カクテル_02

ウオツカは「スカイウオツカ」、樽熟成米焼酎は「鬼兜」、あとはサントリー製の桜リキュールです。

・ウオツカ:30ml
・樽熟成米焼酎:20ml
・桜リキュール:10ml
 →ステアして、カクテルグラスに注ぐ

今回使った焼酎は、日本酒「十四代」で有名な高木酒造の造る樽熟成米焼酎「鬼兜」。
焼酎というより、ブランデーやウイスキーに近い洗練された味わいです。
私は焼酎として飲むのはもっと原料の味が出た、いわゆる「くさい」焼酎が好きですが、カクテルに使うのであれば、クセの少ないこのようなタイプが合わせやすいのでしょうね。
(「クセの少ない」というのであれば甲類焼酎もありますが、こちらはクセがなさすぎて個人的にはちょっと面白くないです)

とりあえず、今回は無難な味わいの焼酎を使ってみましたが、他にもいろいろな乙類焼酎を使ってカクテルに挑戦してみたいと思います。
プロフィール

ファイティング坊主

Author:ファイティング坊主
お酒の話題がメインの飲んだくれ日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。